20150704.png

平成26年12月 会員交流会 バザーなど 平成27年1月 例会の 学習会 平成27年1月 例会の学習会 平成27年4月 例会の学習会 平成27年6月 学習会講師 SCSカウンセリング研究所 桝田宏子先生

HOME > 活動内容

平成30年度活動計画

◆活動方針

長期高齢化の傾向が顕著となり、今やひきこもりは青少年問題だけではなく、全国で100万人超、全世代にわたっており、近年は「8050問題」と言われるような社会問題へと様変わりしています。親の会として歩んでいます「いっぷく会」も”彼ら彼女らはひきこもる必要があってひきこもっている、親が変わらねば子どもも変わらない”の原点を忘れずに、皆さんとの交流を深めながら共に元気に学び、取り組んでいきましょう。
今年度もSCSカウンセリング研究所のご指導をベースにして、当事者であった経験、色々な分野で活躍されている方々にお話を頂いて、幅広く学びを重ねてまいります。
又、同じような問題、悩みを抱えた親が中心ですので、お互いに情報交換し、相談できるような関係を深めていきたいと考えておりますので、交流を深められるような機会をつくっていきます。
更に、関係機関との連携を図りながら行政との関係を深めてまいります。

◆活動計画

◇例会と連続学習会(毎月第2日曜日です)

学習会テーマ

講師

会場

4

8

長期高齢化の課題       

~本人への対応&家族の支援~

オレンジの会理事

鈴木美登里氏

番町センター

5

13

ひきこもるこころを理解する

 ~当事者の声から~

ひきこもりUX会議

代表理事 林 恭子氏

あざれあ

6

10

家族のコミュニケーション状態の確認

人間関係と心の相談舎

代表  菊池 恒氏

あざれあ

7

8

ひきこもり・不登校には親の取り組みが必須!!

SCS 代表理事

桝田宏子氏

番町センター

8

12

『一人ひとり違うことを前提に考える他者・社会との関わり方』~不登校・ひきこもり経験者&心理学研究者の一人として~

静岡大学大学院 准教授 伊田 勝憲氏

番町センター

9

9

~親が取り組むから出てくる~

「子の欲求反応」

SCS カウンセラー

   藤江幹子氏

あざれあ

10

14

恢復に被害妄想・強迫神経症は伴う

SCS カウンセラー

   高橋 晋氏

あざれあ

11

11

親が失敗しやすい状況とパターン

人間関係と心の相談舎

代表  菊池 恒氏

番町センター

12

9

会員交流会

 

あざれあ

1

13

親をベースに……気が済むまで

SCS カウンセラー

  三宅正之氏

番町センター

2

10

アイデンティティーの大切さと

     それを育むすべての事

SCS カウンセラー

臨床心理士 桝田智彦氏

あざれあ

3

10

親としての実感

SCS 代表理事

   桝田宏子氏

あざれあ

※「SCS」は、SCSカウンセリング研究所の略です

<例会日のタイムスケジュール>

10:00~12:00 準備会(文書配布、打ち合わせなど)
12:00~13:00 昼食、懇談
13:00~13:15 例会受付
13:15~13:30 例会開会挨拶、連絡事項
13:30~16:30 連続学習会(休憩、質疑応答、全体懇談を含む)

(初めての方などで、よろしければ終了後に相談にのらせていただきます。)

◆役員会の開催

会の運営に関する重要事項について協議検討するために必要な役員会を開催する。

◆機関紙「いっぷく会便り」の発行

毎月の例会報告・予定、各種情報を掲載した「いっぷく会便り」を各月発行します。

◆個別相談会

  • カウンセラーは 人間関係と心の相談舎 代表 菊池 恒氏です
  • 開催日は 原則として 奇数月の最終の土、日曜日、月曜日午前中(年間6回)
  • 会場は  静岡市番町市民活動センター
  • 相談時間は 1家族=50分、80分、110分の各コースがあります。
  • 有料で、事前予約が必要です。

◆グループカウンセリング

  • カウンセラーは SCSカウンセリング研究所カウンセラー(KHJ千葉県「なの花会」理事長)藤江幹子先生です
  • 開催日は 偶数月の第3日曜日です。(年間6回)
  • 会場は  グランシップ(但し、4月、6月は労政会館です)
  • 相談時間は 6家族が1グループで2時間のカウンセリングを受けます。
    年間22000円(1家族)、年間契約になりますので、本人の都合での欠席は返金ありません。
    (12家族限定です)

◆公開講演会の開催

1~2回の公開講演会を企画します。
多くの方に「不登校・ひきこもり問題」を正しく理解していただくことと、問題を抱えた家族が「いっぷく会」の存在を知り、入会し、学習をして子どもが復活していけるように支援します。

◆会員交流・懇親会の開催

  • 番町市民活動センター(活動拠点)を利用して情報交換、相談などができます。
  • 親父クラブ、女子会などを企画していきます。その他交流を図る企画。
  • 4月総会日の懇親会、12月の忘年会も引き続いて開催していきます。

◆対外活動、その他

  • KHJ本部 通常総会と全国支部長会議への参加
  • KHJ全国大会への参加 於;広島
  • 利用施設の各種行事、交流会への参加
  • 赤い羽根共同募金 街頭活動への参加
  • 静岡県教育委員会主催の「合同相談会」への参加(県内4ヵ所で開催)
  • 各市社会福祉協議会への協力、参加
  • 静岡県ひきこもり支援センター、静岡市ひきこもり地域支援センターなどとの連携
  • 支援団体情報交換会、関係団体の開催する学習会、各種行事への参加、交流
  • 学習会、講演会などの開催案内チラシの各種施設への配置、メディア活動など
    その他必要により随時取り組んでいきます。